5月13日放送の王様のブランチ・ブックランキング。今週は、総合ランキングトップ10が紹介されました(TSUTAYA三軒茶屋店)。

特集は、又吉直樹さんの「劇場」。芥川賞受賞後の気になる第2作がインタビューとともに紹介されました。


<スポンサーリンク>


■ブックランキング(5/2〜5/8)

第1位「君の膵臓をたべたい」住野よる

arrow001_01実写映画化の話題作が文庫化

☆こちらも 「君の膵臓をたべたい」映画化されるので読んでみた


第2位「リバース」湊かなえ

arrow001_01累計88万部突破
arrow001_01ドラマの結末が気になり再注目

ドラマ、面白いですね〜。

心理戦がドキドキします。

主題歌もいいですね。シェネルさんのDestiny。



第3位「自覚 隠蔽捜査5.5」今野敏

arrow001_01累計200万部突破の人気シリーズ スピン・オフ短篇集

TVシリーズでは、杉本哲太さん・古田新太さんでドラマ化されていますね〜。


第4位「紫のアリス」柴田よしき

arrow001_01書店員が選んだもう一度読みたい文庫1位


第5位「最後の医者は桜を見上げて君を想う」

arrow001_01対立する2人の医者と余命を宣告された患者の日々


第6位「蜜蜂と遠雷」恩田陸

作品中の音楽をまとめた音楽集も引き続き人気のようです。



第7位「この素晴らしい世界に祝福を!11 大魔法使いの妹」暁なつめ



第8位「present book 好きなところ100」

arrow001_011ページに1つ、相手の好きなところを書いてプレゼント


第9位「いのちの車窓から」星野源

☆こちらも 【王様のブランチ】特集・星野源「いのちの車窓から」インタビュー


第10位「『言葉にできる』は武器になる。」梅田悟司

arrow001_01自分の思いを確実に伝える方法

著者は、「世界は誰かの仕事でできている」や「この国を、支える人を支えたい」などのコピーを作られたコピーライターさんだそうです。


<スポンサーリンク>


■特集 「劇場」又吉直樹

今週の特集は、又吉直樹さんの「劇場」。芥川賞受賞後、待望の作品です。


「劇場」又吉直樹

又吉さん待望の2作目の小説です。


あらすじ

主人公の永田は売れない劇作家。
鬱々とした日々の中、真っ暗な画廊の中をのぞいていると、同じように中をのぞいている女性に気づく。
「この人なら自分のことを理解してくれるのではないか」
彼女は、女優を目指し上京してきた大学生・沙希。
やがて恋人となった2人は、沙希の部屋で共に暮らし始める。
世間的には評価されない永田を信じ、沙希は何をしても褒めてくれた。
沙希は女優になる夢を諦め、昼は洋服店、夜は居酒屋で働きながら永田を支え続ける。
永田は劇作家として売れることもなくヒモのようにだらだらと日々を過ごしていた。
約5年間の変わらぬ生活。
光熱費だけでも払ってもらえないか、という沙希に対し、
「人の家の光熱費を払う理由がわからない」
と拒むのだった。
さらに沙希の母親に対して暴言を吐くなど、器の小ささ、嫉妬深さを感じさせる言動が続く永田。
永田と沙希に幸せな未来は訪れるのか・・・?


又吉直樹さんインタビュー

Q.2作目のプレッシャーはありましたか?

「火花」がすごく反響があり、「2作目はどうなんだ?」というのは割とずっと言われてきていたので、「みんなに喜んでもらえるものを書かな!」って途中まで思ってたんですけど、冷静に考えたら、僕子供の頃から振り返ってみてもみんなに好かれてきたタイプじゃなかったなっという当たり前のことに気づきまして。

そこからは割とプレッシャーみたいなことについては、大丈夫でした。




Q.初の恋愛小説ですが、恋愛をテーマにしたのはなぜ?

編集者さんの助言というか、僕が過去に書いたエッセイとかの中に自分の失恋の話に触れているものがあって、「小説として書いたら面白いものができるかもしれないですね」という言葉をもらって。

それでどういう風になるのかな?と自分の中でもいろいろ考えて、で、書こうかなと。

みんな恋愛するじゃないですか。

そんな時、学生さんなら学校に行っていたり部活をやってたり、社会人だと会社に勤めてたり職業があると思うんですけど、恋愛と職業ってすごくお互いに影響し合うものだと思うんです。

だから、恋愛だけを書くよりも恋愛とその周辺、仕事とか学校とかそういう部分を書いたら、より恋愛というものとか人と人の関係みたいなものが見えやすくなるんじゃないかなっていうのがあって。


Q.嫌なダメ男・永田への思い

あれはねぇ、ダメですよね。セコいですよね(笑)

もし永田が友達だったら「それはアカンのちゃう?」って言うと思うんですけど、一方でモノを創る人間として、そこまでワガママになりきれるというのは、ある意味「弱さ」でもあるけど「強さ」でもあるみたいなところがあって、みんな「嫌い」っていうけど「永田、実は俺はお前のその部分は好きやねんな」とかはありましたけどね。

Q.又吉さんと永田と似ている部分はありますか?

僕は、(光熱費を)払いますよ(笑)。

でももしかしたら、あんなことを書けるということは、心のどこかで思ったことがあったのかもしれないですけどね。


司会の渡部さんやオリラジの藤森さんは、「又吉は光熱費払わないって思ったことあるはず!じゃないと書けないでしょ!」なんて笑っていましたが、実際どうなんでしょう(笑)

よかったらチェックしてみてください♪


ありがとうございました。




<スポンサーリンク>