9月16日放送のSmaSTATION!!は「2017年秋の最新アイデア文房具・ベストセレクション11」と題して、が最新文房具紹介されました。

早速チェックしてみましょう!


<スポンサーリンク>



【ノック不要で芯が折れないシャーペン】オレンズネロ(ぺんてる)



芯が折れないシャープペンシルで人気のオレンズの進化版。

今年2月に発売され、定価3000円以上と高額にも関わらず店頭では品切れが相次いでいるそうです。

人気の理由は、自動で芯が出てくる機能。

最初の1回ノックしたら、後は中のバネを使って減ったぶんだけ自動で出てくるそうです。

出過ぎないので折れることもなく、ノックも不要なんて、便利!

大人が使っても違和感のない落ち着いたデザインや、0.2〜0.3mmと極細芯なのもいいですね。

ちなみにAmazonや楽天では今ちょっと高くなっていますね(記事作成時)。品薄のようです。購入の際はお気をつけください。



【写真が動画になるプリンター】Lifeprint



撮った写真をこのプリンターで印刷し、専用のアプリで見ると何と写真が動画に!

これ、ヒルナンデス王様のブランチでも以前紹介されていましたが、ほんと不思議で楽しいアイテムですよね〜。

何でこんなことができるかというと、まず撮影するのは動画で、プリントアウトするのはその1場面(静止画)。プリントアウトと同時に写真と動画のデータが一対一で関連づけられてネット上に保存され、アプリで写真を見た時に、保存された写真と照合し、一致した写真を再生してくれるんだとか。

裏面がシールになっているので、メッセージカードに貼って離れて暮らす家族に送ったり、サプライズなんかにもオススメだとか。

アナログとデジタルの融合ですね。

ちなみに、全く関係ない動画をリンクさせることもできるので、今まで撮った写真にも使えるそうですよ。



【自立する付箋】タテトコ



付箋は新商品の多いハードな世界だと思いますが、今回も新しい商品。

下端にノリがついていて、ちょうどいい角度で自立します。

もちろんノリはきれいにはがれます。特に大事なことや伝えたいことには便利かも。

TODO用と方眼罫の2種類です。



【多機能定規】おもしろスケール



19年前から発売されているロングセラー商品ですが、多機能ぶりが最近話題になっているんだとか。

定規の下についているメモリ付きのローラーのおかげで、平行線垂直線斜め線などもひけるそうです。

最近はPCに頼ることが多くて、定規を使う機会もめっきり減りましたが、これなら使ってみたいですね。



【入れたまま書けるファイル】KAKERU-BOOK(カケルブック)



ポケット式ファイルなんですが、袋に入れるのではなく、上下のストッパーに挟むスタイル。

外さなくても書き込めるし、穴も開けなくてすむので、ビジネスでは便利かも。



【二つ折りクリアファイル】コンパック



A4サイズの紙を折り曲げて収納するタイプのミニファイル。

折り目がつきにくいよう工夫されているんだとか。

確かに、枚数少ない時とかこれだとちょうど良さそうです。



【文具大賞受賞】クリップファイル F5065



裏面がバインダーになっているファイルなんですが、紙を挟むクリップ部分に特徴が。

パチンと挟むのではなく上にスライドし、また、紙をまっすぐ置けるよう上部と左側にガイドがあります。

これは書きやすそうでした。紙をセットするのも短時間でできそうです。



【思い出の写真をデータ化するアプリ】PhotoScan

Googleの無料アプリです。

使い方は簡単。まず紙の写真の全体像で1枚撮ります。次に画面に出てくる4つの◯に白い輪を合わせるだけ。

合わせるたびに自動でシャッターが切られ、4枚の写真を合成し自動補正までしてくれます。

ゲストの綾小路きみまろさんはオロオロしながらも・・・きれいに撮れました(笑)

Google PhotoScan



【名刺をデータ化するアプリ】Wantedly People

名刺管理が楽になる無料アプリ。

アプリで名刺を読み取るだけで、名前のほか、住所や電話番号などもデータ化し、登録してくれます。

しかも最大10枚まで同時に読み取り可能。

こういうの、少し前までお金払って機械買ったりしてたような。いい時代です。

Wantedly People



【録音しながら自動文字起こしできるアプリ】Recoco

iPhone用のアプリ。

会議などで音声録音することはよくありますが、このアプリはその音声を自動で文字起こししててくれます。

開発したのは、筑波大学大学院生。「授業の内容を録音して復習する時に、大事な部分を探すのが大変」だったことから1人で開発したんだそう。

AppleのSiriと同じ音声認識システムを利用しているそうです。

これだけでも超便利なんですが、さらに話の切り替え時に押す区分けボタン、やらなければいけないことを示すToDoボタン、重要ポイントなどに使うお気に入りボタンの3つのボタンで、後からの検索を楽にしてくれます。

iTunes



【引き出しの外につける】デスクポケット



引き出しに引っ掛けて使うポケット収納。

ここかあ−!というスペースの有効利用ですね。キングジムさんっぽい(笑)

扉には磁石かシールでつけることができるそうです。

色はライトグレーと黒の2種類だそうです。自宅でも使えそうですね。



銀座 伊東屋 人気文房具ランキング

第1位 ハコアケ



ハサミにも箱を開けるカッターにもなる2wayハサミ

持ち手のところにあるスイッチをスライドさせて握ると、刃先がずれてハサミの刃がちょっとだけ出ます。

ハサミでガムテープを切ると、ノリがついてだんだんベタベタになっていくんですよね・・・

これなら気にせず使えそうです。



第2位 リーガルスティッキーメモ

リーガルパッドという黄色い紙に1本の縦罫線が特徴のノート。なぜか書きやすいんですよね。

このノートが付箋になりました。

しかもロール状で好きな長さにカットできます。

小さくなってももちろん縦罫線は健在。黄色が映える使い方ですね。



第3位 KaTaSu



書類ケースなんですが、開けて折り曲げると自立します。

デスクの上に広げることなく作業できるのがいいですね。



第4位 ベロウズペンケース



ケースの中にジャバラ式のホルダーが収納されてて、何が入っているか一目瞭然のペンケース。

ホルダーの仕切りが細かすぎない感じがいいですね。



第5位 KITTA



女子高生とキングジムが共同開発した、あらかじめカットされたマスキングテープ。

小さく平らなので、持ち歩きに便利だと人気なんだそう。



いかがでしたか?

スマステの文房具特集はいつも感度が高いので楽しみなんですが、今回もおもしろかったです。

もう見れないのかと思うと残念ですが、みなさんの今後のご活躍に期待するとしましょう。

今まで楽しい番組をありがとうございました!



<スポンサーリンク>