そろそろ花粉症の季節ですね(涙)

筆者も悩まされている1人。早めに対策をと思いつつ、結局ムズムズしてから慌てる、を繰り返しているアホポンタンです。

そんなわけで、毎年マスク様様なので何気なく読んだGetNaviの記事「マスク研究家・飯田裕貴子さんが実証 プロお墨付きの隙なしマスク7」に釘付けになってしまいました。

チェックしてみようじゃありませんか。

 

<スポンサーリンク>


【マスクの正しい選び方・つけ方】

産業用から市販品まで広くマスクを研究している飯田裕貴子さんという方が教えてくださっています。

 

1.マスクの選び方

飯田さんによると、

花粉99%カットと書いてある商品は性能自体に大差ないと考えて大丈夫です。
正しい着用法を守り、呼吸がしっかりフィルターだけを通っているかを確認しましょう。
市販品はどうしても隙間ができてしまうことが結構あるんです。その点、興研シゲマツ3Mの製品は業務用のノウハウを生かされていてオススメです。

 

なるほど〜。つけた後の確認が大事なんですね。鏡を見てチェックだけじゃダメだった。息が漏れていないか確認。

 

2.マスクの付け方

(例:プリーツ式)
1.裏表を確認してプリーツを開く
2.中心で折り曲げ、ズレを予防する
3.しっかり広げてアゴの奥まで覆う
4.目頭・涙袋までマスクを当てる
(正しくつけた状態)
口の前がカップ状になるよう形を整えつつ、上下左右の隙間がなくなるようマスクを顔に密着させる。呼吸しても息が漏れず、ずれることもなければ花粉が防げる。

 

目頭・涙袋・アゴの奥。そこまでやるのか・・・。ということは、顔はほぼマスクですな。

 

 

正しいつけ方がわかったところで、飯田さんが「隙間なし」と認めたマスクを7つチェックしてみます。

 

【隙間なしマスク7選】

1.快適ガードプロ プリーツタイプ(白元アース)

arrow001_010.1μmの微粒子を99%カットするフィルター
arrow001_01ノーズクッションが漏れ防止に効果的
arrow001_01縦横クロスプリーツでアゴのフィット感高い

 

鼻にピッタリフィットするので、メガネがくもりにくいとのキャッチコピーが。レビューを見てると確かにメガネっ子さんたちの支持を集めています。

Amazonだと、5枚セットで300円ちょっと。30枚で1500円くらいでした。

 

 

2.フィッティ 吸着分解マスク スーパーフィット(玉川衝材)

arrow001_01有害物質を太陽光によって二酸化炭素と水に分解する特殊素材をフィルターに活用
arrow001_01顔側に伸縮素材を活用

 

顔へのフィット感がいいようですね。二酸化炭素と水に分解ってすごいなあ。

5枚セットで400円程度。小さめサイズもありました。

 

 

<スポンサーリンク>


3.三次元マスク ホワイト(興和)

arrow001_01ダブル捕集+銀系抗菌の高機能5層フィルター
arrow001_01形状保持ノーズフィッター

 

サイドのプリーツまで工夫されているのだとか。口周りは息苦しくないようになっているんだそうです。

7枚入りで300円を切るものも。50枚でも1800円程度と比較的お手頃で、サイズ・種類も豊富です。

 

 

4.フィッティ シルキータッチモア(玉川衝材)

arrow001_01外側と口元に肌触りの良い不織布
arrow001_01三層式フィルター

 

肌触りにこだわりがあるよう。Amazonで見た感じは一般的なマスクのように思います。

お値段7枚で200円代。リピートしやすい価格かな。

 

 

5.ハイラックNeo(興研)

arrow001_01カップ型で口元がフィルターに触れない
arrow001_01プロ用マスクの姉妹品

 

きました。本気のヤツです。

いやしかし、これの業務用のものがAmazonの作業用カップ型マスク・売れ筋ランキングで1位になってますね。いいものには間違いなさそう。

フィットしない感じがしたんですが、「独特のカーブの形状が様々な人にフィット」とあります。息苦しさもなさそう。

1つ400円代と他のものより高価ですが、花粉やPM2.5などが特にひどい時用にスタンバイしておくと安心かもしれないです。

 

 

6.New クリーンメイト Fine Fit Plus(シゲマツ)

arrow001_01接頭布・インナーフレーム・フィルターの三体構造
arrow001_01プリーツフィルター交換可

 

こちらも本気タイプのメーカーの商品です。1枚700円程度。

フレームがあるマスクってどうなんでしょう?ズレない、と説明がありますが、違和感がありそうな気も。慣れかな。

 

 

7.Vフレックス 防じんマスク DS2 レギュラーサイズ(3M)

arrow001_01耳にかけず頭頂部で固定する
arrow001_01折りたたみ式
arrow001_01国家検定区分2合格の防じんマスク

 

最後のこちらもすごい。国家検定区分2合格ですって。これに合格すると「防じんマスク」を名乗れるそうです。

ヒモも、頭頂部と首元の2本あって、耳の前から上下に分かれてます。すごそうですが、これを日常で使う勇気がまだ筆者にはありませぬ。面目ない。

ただ、意外とお手頃でびっくり。20枚入りで1500円程度。我こそはという方はぜひ。

 

 

いかがでしたか?

日常使いできそうなものから本格的なものまで。

使い心地や経済的な面もあるし、その日の状況によって使い分けるのが賢いかも?
花粉が多い日、1日中外にいる日、山の中に行く日(?)なんかは、しっかり目のマスクを選ぶとか。

 

つらい季節ですが、頑張っていきましょうね〜。

 

今回の記事は、こちらからでした↓

 

 

 

<スポンサーリンク>