10月3日放送の月曜から夜ふかしで、1日で1億円売った実演販売士・レジェンド松下さんオススメのキッチングッズが紹介されました。

それでは3点いってみましょう〜。

 

1.カットバリア

 
cutbarrier
 
TPUというプラスチックとゴムを合わせたような新しい素材でできている、傷がつきにくいまな板です。
 
普通のまな板は、使っているうちに包丁の傷が細かくついてしまい、そこについた汚れは洗っても落ちにくいですよね。番組ではわかりやすいように、傷がついたよくある白いまな板をクレヨンでささっと汚してスポンジで洗ってみせていましたが、傷のないところはきれいになっても、包丁の傷がついた部分は全然汚れが落ちていませんでした。
 
ところがカットバリアは全然傷がつかない。同じように実演されましたが本当にきれいなものでした。
 
傷がつかないということは、汚れにくい、衛生的であるということ。まな板に求めるいちばんの要素かもしれません。
 
 
また、松下さんいわく、カットバリアはとても食材を切りやすいのだそう。
 
その理由は2つ。
 
1つめは、柔らかい素材でできていること。包丁が当たった時の感触が薄い、あるいはかたいプラスチックのまな板とは違うらしいんですね。
 
2つめは、表面がザラザラしているので、食材がすべらない
 
 
また耐熱温度150℃なので、プラスチックでは難しい食洗機や熱湯消毒もOK消毒剤なども使えます
 
扱いやすく衛生的。さすがレジェンド松下さんですね。

 
 

 
 

2.プレスリッド・プレスドーム

プレスリッド

 
presslid

 

繰り返し使えるラップです。
 
使い方は簡単。器の上に乗せて透明のフィルムの部分を上から手で押すだけ
 
プレスリッドにはいろいろなサイズがありますが、多少器とサイズが違っても大丈夫。空気が抜けてピタッとくっつきます。逆に開ける時はつまみの部分からフィルムをちょっと押し上げると密封が解除されます。

 
 
見た目がラップのようなので指で押すのは破れるんじゃないかと心配になりますが、実はこのフィルム、ゴムに近い素材でできていて、とても頑丈なんだそう。5000回の試験をクリアしており、村上信五さんがグーパンチしても、松下さんがバンバン叩いても変形することなく全然大丈夫でした。
 
 
また通常のラップがつきにくい素材や形のものにも使用できるので、陶器やプラスチック製品、お鍋などにもOKです。

 
 
頑丈なので、プレスリッドでフタをした器を、重ね置きしても大丈夫
 
またちょっとフィルムが伸びてしまった時は、熱湯をかけると元に戻るそうですよ。
 
 

 
 

プレスドーム

 
平らなお皿に盛った料理には使える、かさがあるタイプもあります。
 
pressdome
 
 

使い方は同じですね。上のボタンを押すだけ。
 
レジェンド松下さんは、「(ラップの方が安いとはいえ)繰り返し使うことを考えるとお得です」と言っておすすめされていましたが、確かにそうかもしれません。「ラップは消耗品」という考えは、これからの時代、変わってくるのかもしれませんね。
 
 

 
 

3.ガラスロックバリア

 
glassrockbaria
 
保存容器ってどういうものをお使いですか?
 
お手頃なのでプラスチック製のものを使うことも多いですが、匂いや色が移ったりして買い換えることも多いですし、いわゆる「消耗品」って感じがちょっと残念な気も。
 
その点、ガラス製だとそのまま器として食卓に出してもいいし、きれいなのでいいなあと思うのですが、ガラスは割れるので、使用頻度の高いアイテムとしては弱点。
 
 

このガラスロックバリアは、そんな弱点を克服。
 
通常のガラス容器の約3倍の強度なのでなかなか割れません。
 
番組で実際に石に叩きつけたり、トンカチ代わりに釘を打ったりしていましたが(マネしないでね)、傷もなく「本当にガラスなの?」って感じでした。
 
 
また、ガラスロックバリアは面が限りなくツルツルしていて傷がつきにくい作りになっているので、汚れがきれいに落ちます。試しに油性マジックで書いてみたのですが、水の中でさっとこするだけできれいに落ちていました。プラスチック製だと、特にカレーなんかを入れようものなら色や臭いがついてしまってなかなか取れないんですよね。レジェンド松下さんによるとカレーを入れてもヌルヌル感はほとんど残らないんだそうです。
 
 
ストッパーは4点で止める構造なので、しっかり密封できます。汁物を入れても大丈夫。こぼれる心配もありません。
保存容器って消耗品扱いしてしまいがちですが、これだと長く使えてかえって経済的な気がします。そのまま食卓に出せるのも嬉しいですね。

 
 

 
 
 
いかがでしたか?
 
レジェンド松下さんオススメだけあって、長い目で見て実用的なアイテムが揃っていましたね。
 
レジェンド松下さん、マツコさんのツッコミにあいながらも流れるトークは健在でした!