12月3日放送のサタデープラスで、勝間和代さんの「2016年使って得したランキング」が紹介されました。

ムダなものが大嫌い、いかに簡単に美味しくできるかを追求する勝間さんの眼鏡にかなったアイテムをチェックしましょう。

 

 

<スポンサーリンク>


キッチン編

勝間さんはキッチン家電を11台お持ちだそうですが、外食でお金を使うくらいなら良いキッチン家電を揃えた方が節約とおっしゃっています。

 

第3位 アイリスオーヤマ「リクック熱風オーブン」

arrow001_01食材を高速熱風で一気に加熱
arrow001_01焼き物から揚げ物までボタンを押すだけの簡単調理
arrow001_01調理が早い&美味しい

 

recook

 

周りの方に紹介しまくって購入する人が増えているんだとか。勝間さんいわく「焼き物&揚げ物は何を作っても人間より美味しい」そうです。実際ハンバーグを作っておられましたが、玉ねぎを炒めるところからハンバーグを焼くまで、このリクックが調理。出来上がりも美味しそうでした。

 

 

第2位 T-fal「インジニオ・ネオ・マホガニー・プレミア」

arrow001_01取っ手が取れるフライパン
arrow001_01洗いやすく収納しやすい

 

tfaset

 

勝間さんいわく「丸いものは洗いやすい」そうです。で、ここからが勝間さんらしいのですが「1日2回フライパンを洗うとして、1回1分節約できれば年間11時間以上節約できる」。確かに・・・。

 

 

第1位 象印圧力IHなべ「煮込み自慢」

arrow001_01材料と調味料を入れて、メニュー&時間をセットするだけ
arrow001_01煮る温度も時間も細かく設定できる
arrow001_01具材のかき混ぜや、火加減を調整も不要

 

nikomijiman

勝間さんいわく「ありとあらゆる液体の料理が全部できます」。1位におすすめされるだけあって、なんとお味噌汁用とその他の煮物用に2台持ちでした。

 

 

 

<スポンサーリンク>


スゴ技カッター編

勝間さんによると「野菜や果物の皮をむくのに費やす時間は、年間60時間」とのこと。そこは勝間さん見逃しませんよね。日常的によく使う(=年間100個以上調理する)ものは専用カッターを使われているそうです。

 

第3位 ポテトカッター

arrow001_01ジャガイモをフライドポテトなどのスティック状に切る
arrow001_01レバーを押して一発でカット
arrow001_01にんじんやズッキーニなどの野菜スティック作りにも

 

potatocutter

手早く切ることで野菜の酸化(美味しくなくなる)を防ぐメリットもあるそうですよ。

 

 

第2位 アップルピーラー&アップルカッター

arrow001_01ピーラーはハンドルを回して皮をむく
arrow001_01むいたリンゴをカッターで一発カット

 

applecutter

ピーラーとカッターを併用しないと意味がない」と言われていました。徹底的です笑。ただ、両方ともAmazonランキング1位(本日時点)ですので、効果を認めている方も多いのかもしれませんね。

 

 

第1位 トマトやイチゴの ヘタ取りナイフ

arrow001_01刃を差し込んでくるっと回すとへたをくり抜くことができる
arrow001_01くり抜いた部分から包丁を入れると切りやすい

 

tomatohetatori

トマトだけは専用のカッターがないそうで、包丁を使われていました。そこをつっ込まれておられましたが笑。

 

 

いかがでしたか?

勝間さんのように「これは1日どれくらい使い、時間がこれだけかかるから、費用をかける」という視点で選ぶと、上手に買い物できそうな気がしました。独特の理論が面白かったです。

 

 

 

<スポンサーリンク>