10月28日NHKで放送された「内村五輪」。東京オリンピック・パラリンピックまであとちょうど1000日だそうです。


<スポンサーリンク>



その中で披露された、椎名林檎さん・浮雲さん・小雨さんによるスペシャルユニットHUMAN ERRORの「東京は夜の七時」。

リオ五輪の閉会式で流れた、ピチカートファイヴの懐かしい曲です。


これが、超カッコよかった!!


曲紹介で「椎名林檎さんの『東京は夜の7時』です」で、画面に映ったのはメガネの男性。最初はおや?と思いましたが、3人の世界観に引き込まれていきました。


で、当然「椎名林檎さんをしたがえるこの男性は誰?」となりましたので調べてみました。
(音楽方面あまり明るくないのです。すみません)


浮雲さん

すぐにわかりました。浮雲(長岡亮介)さんです。

ペトロールズというバンドでボーカル&ギターを担当される一方、ギタリストとしても椎名林檎さんや東京事変、星野源さんのバンドメンバーなどご活躍なさっているとのこと。

ん?星野源さん??

そうだ!見たことある!!

星野源さんの後ろのバンドメンバーの中にいらっしゃいますね。なんか見たことあるな〜と思ったわけです。浮雲さん、いちばん右の方。


当然、こちらにもご出演でした。NHKおげんさん。



HUMAN ERRORというスペシャルユニット、小雨さんは実はperfumeや逃げ恥の振り付けのMIKIKO先生だったらしく、椎名林檎さんとMIKIKO先生をしたがえる浮雲さんはTwitterでもいじられてました(笑)


あー、カッコよかった。


【関連記事】