1月17日放送のマツコの知らない世界は「楠田枝里子のチョコレートの世界 Part2」。楠田枝里子さんが世界的ショコラティエの最新チョコレートを紹介されました。

楠田さん、チョコレート好きで知られていますが、今回も世界最大のチョコの祭典「サロン・デュ・ショコラ」に潜入取材したり、フランスの有名ショコラティエを訪ねたり、もう自由自在でした^^

 

楠田さん注目のショコラティエとともに、新作をチェックしてみましょう。

 

■ジャン=ポール・エヴァン

コッフル ドール レ グラン クリュ

arrow001_01ペルー・エクアドルなど原産国が違う8種類のチョコ
arrow001_01保冷剤を入れられる箱

ジャン=ポール・エヴァンと仲良しな楠田さん。新作チョコに興味津々です。楠田さんの「これは東京にも来ますか?」という質問にジャン=ポール・エヴァンは「もちろん」と答えていました。発売未定とありましたが、楽しみにしておきましょう。

 

ボワットゥ ショコラ 16個入 フレンチキス

最新作バレンタインコレクションです。

楠田さんいわく、こちらの16個入りは「本命」用で、50個入りのボワットゥ マニエティックが「大本命」用。50個!大本命!!

→ジャン=ポール・エヴァンHP バレンタインコレクション

 

■フィリップ・ベル

スミレのガナッシュ

またまた楠田さんのお友達がご登場です笑

フィリップベルの新作はスミレ。味見した楠田さん、「こんな味初めて!」。

 

■アルノー・ラエール

コフレ・ショコラ”ル・フュモワール”

arrow001_01燻製チョコ
arrow001_01ブナの木で燻製させたカカオ64%のガナッシュを70%のダークチョコで包む

スモークの入れ方が絶妙だそうで、マツコさんもその燻製っぷりにびっくりされていました。

 

■ノエル・ジョヴィ

100%ベネズエラ

arrow001_01日本にまだ紹介されていない新星ショコラティエ
arrow001_01老舗の若き天才五代目
arrow001_01ベネズエラ産のカカオ豆をベネズエラ産のチョコで包んだ

マツコさんも「美味しい。これ売れると思う」と絶賛。この後「これ売れると思う」が繰り返されました笑

 

■小山進

SUSUMU KOYAMA’S CHOKOLOGY2016

arrow001_01最高位ゴールドタブレット6年連続受賞者
arrow001_01 醤油・奈良漬など発酵と熟成をテーマにした4種
es koyama online shop

 

日本人シェフも活躍されています。

小山シェフと辻口博啓シェフが作られたチョコレートナイフも紹介されました。

→RYUSEN チョコレート所作

辻口シェフ考案のナイフはこちら。箱を開けると出てくるカカオ豆の形が素敵ですね。

 

■ジル・マルシャル

arrow001_01パリで第注目のショコラティエ
arrow001_01スイーツの魔術師

楠田さんが日本への上陸を熱望するジル・マルシャルのスイーツ。

板チョコにナッツがちりばめられた「キャラメルピーカンナッツ」、マツコさんが今まで食べた生チョコ系で一番と絶賛した「パヴェ・ノワール」、どれも美味しそうです。

公私のパートナーは日本人女性。お綺麗な方でした。

 

■ピエール・マルコリーニ

クール エ ギモーブ 8個入り

arrow001_01楠田さんいわく「世界一美味しいギモーブショコラ」
arrow001_015分冷やして食べると美味しい

 

カカオ グラン・クリュ 7個入り

arrow001_01「最上級の畑」を意味するワイン用語「グラン・クリュ」
arrow001_01アーモンド深い味わい

あえてのシンプルなフォルムが、自信を感じさせる一品です。

 

 

いかがでしたか?

楠田さんが取材したサロン・デュ・ショコラ。
1995年にパリで第1回が開催され、現在ではベルギー・イギリスなど世界各国で開催されています。

日本では2月初より、東京・名古屋・大阪・京都・札幌・仙台・福岡の7都市で開催さるそうですので、お近くの方はチェックしてみてください♪